製品レビュー:ELECOM FITTIO 疲労軽減マウスパッド

ELECOM FITTIO 疲労軽減マウスパッド Low type パッケージ表面

ノートPC用のマウスパッドも新しくすることにしました。ELECOMのFITTIOシリーズの疲労軽減マウスパッドです。リストレスト部が高いHigh typeと、リストレスト部が低いLow typeの2種類がありますが、キューティー吉本が買ったのは、Low typeです。

ELECOM FITTIO 疲労軽減マウスパッド Low type パッケージ表面

このマウスパッド、買った理由というのが「リストレスト部が低いマウスパットがこれしかなかった」なのです。お値段が約3,000円ぐらいします。

「は!? なんでマウスパッドが3,000円なんだよ!」

というのが第一印象でした。マウスパッドなんて、モノによっては数百円で買えますからねぇ。

では、なぜこんなに高いのかというと、横浜市総合リハビリセンターとの共同開発で作られたマウスパッドでして、手・指・肩の疲労を軽減させる要素がいっぱい詰まっているからです。

ELECOM FITTIO 疲労軽減マウスパッド Low type 裏面

では、パッケージから出して撮影・・・と思ったら、頑丈そうな粘着剤が塗ってあったのでした。確かに、マウスパッドがずれるとイライラものなのですが、せめてゴムか何かで滑りにくくするってできなかったかなーって思ってしまいます。

ELECOM FITTIO 疲労軽減マウスパッド Low type 上面から撮影 Microsoft Arc Mouseを置きました

で、このマウスパッドを置いてみました。大きさがわかりやすいよう、Microsoft Arc Mouseを上に置いています。

このマウスパッド、リストレストと言って、手首を置く部分がかなり緩いカーブになっていまして、しかも全面真っ白で、写真だと凸っているところがわからないんです。ただ、マウスの手前あたりから緩く盛り上がっています。

マウスを置く・動かす部分は固すぎず、柔らかすぎず、適度な硬さ。手首を置く部分はふわふわといってもいいぐらいの柔らかさ、それでいて手を置いただけでは凹まない程度の柔軟さです。正直これは、手首に圧迫感がなくて気持ちいい。ただ、長年使っているとヘタって来ないか心配ですね。

ELECOM FITTIO 疲労軽減マウスパッド Low type 後ろから撮影 わずかに山が2つあります

どうにかこうにか凸部がわかるように撮った写真がこれです。2つの山を描く形になっていて、左側が大きな山、右側が小さな山になっているのがおわかりいただけますでしょうか。で、この2つの山の間の凹部分に手首を置きます。

また、この写真をよーく見るとわかるのですが、わずかに右側に傾いているんです。これは、力を抜いて右手を置くと、少し右側が傾いている感じになるからなのだそうです。

手首を置く部分にはエクスジェルという素材が使われていて、縦方向だけでなく、横方向にかかる圧力を分散させることができるんだそうです。表面は合成皮革製で、手触りもいいですね。値段が高いのも納得できます。

ぴえんのイラスト 女性

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。よろしかったら、写真素材ダウンロードサイト【写真AC】にもお越しくださいませ。当サイトの写真の一部を配布していまして、商用利用も可能です

写真素材無料【写真AC】

製品レビューPCパーツ
フォローする
当サイトおすすめ
ファクタリング福岡

九州エリアに特化したファクタリング会社。ファクタリングとは、売掛金を買い取ることで現金化すること。このため、借金をすることなく現金が手に入る。手数料は2%~と業界最低レベルで、法人格がない個人事業主でも利用できる。保証人、担保不要、来店不要で、相談から契約まで非対面でも買取の実績がある

ReWorks

フルリモートの求人に特化した転職支援サイト。すべての求人がリモートワークの正社員求人なので、在宅での勤務ができる。このため、居住地に関係なく応募できる。失業・休業中の方だけでなく、未経験の方やシニア層でも正社員が可能。未経験の方のためのトレーニングを実施しているほか、トレーニング修了者を対象に就職先の斡旋を行っている。リモートワークをしたい方は、まずは登録しておくべき

K-POP PROJECT by mirai-pro 応募プロモーション
K-POP PROJECT by mirai-pro

新人育成機関「アイ&グレース」が実施する、K-POP新人を育成するためのプロジェクトへのオーディション。韓国の音楽関係者による講義を通じて、幅広いチャンスを得ることができる。日本と韓国の両国で活躍できる人を目指していて、日本と韓国で活躍中の現役プロデュース陣がプロデュースする。オーディションなので通るかどうかという問題はあるが、K-POPで活躍したい人は応募するべき

無料で学べるオンライン講座 アイプラス

コメント

タイトルとURLをコピーしました