無料でスキルアップ、年収アップを目指す人のためのお役立ちサイトです。独立・開業・フリーランスを目指す方もぜひ

Surface Pro(Windows 10)で回復イメージ バックアップを取る

2015/08/31

Microsoft Surface Pro 本体 + ALCANTARA Signature タイプカバー

Windows 10で復活した機能の一つに、Windowsのイメージバックアップを取る機能があります。Windows 7では、回復イメージを取得しておけば、万一Windowsがインストールされているドライブが損傷して、Windowsが起動できなくなったとしても、回復イメージから復元することができたのです。それが、Windows 8ではレガシー機能ということで将来なくなると宣言され、Windows 8.1で宣言通りコントロールパネルから消えたのですが(ただし、コマンドラインから取得可能)、Windows 10で復活しました。

Windows 10で回復イメージを取るには、設定画面のバックアップから[[バックアップと復元]に移動(Windows 7]を選びます。(この画面の出し方は、この記事をご覧ください)

Windows 10 設定画面のバックアップから[[バックアップと復元]に移動 (Windows 7)]をクリック

または、コントロールパネルから[バックアップと復元 (Windows 7)]をクリックします。(コントロールパネルの出し方は、この記事をご覧ください)

Windows 10 コントロールパネルから[バックアップと復元 (Windows 7)]を選択

これ、実はWindows 7の[ファイルのバックアップと復元]と使い方は同じだったりします。デフォルトでは、Windows 7のバックアップは何も設定されていません。そこで、[バックアップの設定]をクリックします。

Windows 10 バックアップと復元 (Windows 7)から[バックアップの設定]をクリック

バックアップの保存先を選択します。できれば、WindowsがインストールされているHDDとは別のHDD上のドライブを選んだ方がいいでしょう。でないと、WindowsがインストールされているHDDが壊れたら回復できなくなってしまうので。

キューティー吉本のPCでは、USB接続のHDDを付けていまして、ここがe:ドライブになっています。なので、e:ドライブに回復イメージを格納したいと思います。

Windows 10 バックアップと復元 (Windows 7)からバックアップ先のドライブを選択

[自動構成]を選択すると、Windows 10の復旧に必要なドライブの回復イメージと、全ユーザのデータファイルがバックアップされます。[自分で選択する]をクリックすると、バックアップ対象のドライブやフォルダ、ファイルを自分で選ぶことができます。

Windows 10 バックアップと復元 (Windows 7)からバックアップの対象を選択

[自分で選択する]を選択して[OK]をクリックすると、次のような画面が現れます。ここから、バックアップの対象となるファイルやフォルダ、ドライブを選択します。

Windows 10 バックアップと復元 (Windows 7)からバックアップの対象となるドライブやファイルを選択

バックアップ設定の確認画面が出ます。気を付けて欲しいのが、このままだと毎週日曜日の19:00にバックアップが定期的に動きます(なぜ日曜日の19:00なのかは不明)。そこで、バックアップのスケジュールを変更します。[スケジュールの変更]をクリックします。

Windows 10 バックアップと復元 (Windows 7)から[スケジュールの変更]をクリック

ここから、バックアップを実行するスケジュールを設定できます。バックアップをスケジュールしない時は、[スケジュールに従ってバックアップを実行する]のチェックを外します。こうすると、オンデマンドにバックアップを実行しない限りバックアップは実行されません。

キューティー吉本は、基本的にアプリケーションをインストールしたとか、Windowsの設定を変更したとか出ない限り、回復イメージのバックアップは不要と思っているので、[スケジュールに従ってバックアップを実行する]のチェックを外します。

Windows 10 バックアップと復元 (Windows 7)から[スケジュールに従ってバックアップを実行する(推奨)]のチェックを外す

Windows 7のバックアップが開始します。この画面が出るまでにエラーメッセージが表示されるケースがありますが、無視します。

Windows 10 バックアップと復元 (Windows 7)でバックアップが進行中

バックアップ先のドライブを開いてみると、まずコンピュータ名.wimファイルがあります。そして、WindowsImageBackupフォルダがあります。ここがWindows 7のバックアップと復元で保存されるバックアップファイルです。バックアップ先のドライブを勝手にフォーマットするわけではないので、ご安心を。

Windows 10 ファイルを復元 バックアップ先にコンピュータ名.wimとWindowsImageBackupフォルダが作成されます

Windows 10のバックアップ機能は、データのバックアップは取れるのですが、システムのバックアップは取れないので。データのバックアップはWindows 10のバックアップ、システムのバックアップはWindows 7のバックアップと復元、という使い分けになるんじゃないかと思います。それにつけても、この機能がWindows 7のレガシー機能って、もっと優れたバックアップ機能を付けてくれた上で言ってくれるんだったらわかるんですけど、バックアップ機能そのものを外してしまうって、それありえないと思うんですけどねぇ。

なお、回復イメージ バックアップからの復元方法は、この記事をご覧ください。

あわせて読みたい

Surface Pro(Windows 10)が自動修復に失敗した時の対処法... Windows 10は起動に失敗した場合、自動修復を試みます。しかし、誠に残念ではありますが、自動修復って大抵の...
Surface Pro(Windows 10)で顔認証を利用する... Windows 8.1から、ようやく指紋認証の機能が追加されました。Windows 10には、Windows H...
Surface Pro(Windows 10)でBluetoothマウスやペンを使う... キューティー吉本がSurface Proと同時に買った、Surface Arc Mouse。正しく言うと、Sur...
Surface Pro(Windows 10)でコントロールパネルを表示する... Windows 10で、スタートメニューが帰ってきたのは皆さんもご承知の通りかと思います・・・が、スタートメニューをよー...
Surface Proを特急列車のテーブルに置いてみた... Surface 3の時にご好評をいただいたこのシリーズ、Surface Proでもやります。(Surface 3の記事は...

1 件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

月間アクセスランキング
全国49校普通自動車専門の合宿免許予約サイト【ユーアイ免許】
ITエンジニアのための転職エージェント【TechClipsエージェント】
資格試験のオンライン対策サイト【資格スクエア】
米国シリコンバレー発祥、世界最大級のオンライン学習プラットフォーム!【Udemy】
在宅で月30万以上稼げる!編集者・取材ライター募集【サグーワークス】