無料でスキルアップ、年収アップを目指す人のためのお役立ちサイトです。独立・開業・フリーランスを目指す方もぜひ

Surface Pro(Windows 10)で顔認証を利用する

2018/05/05

Microsoft Surface Pro 本体 + ALCANTARA Signature タイプカバー

Windows 8.1から、ようやく指紋認証の機能が追加されました。Windows 10には、Windows Helloと言って、指紋認証に加えて、顔認証の機能が付いています。実はこの顔認証、ハードウェアの要件が厳しくて、ただ単にカメラがついているだけではダメなんですね。というのも、単にカメラだけだったら本人の写真をカメラに映せばログイン成功してしまうわけで、カメラだけではなく、赤外線を認識する仕組みがないとダメみたいです。

Surface Proには、この顔認証が使える仕組みを標準で持っています。顔認証は、初期セットアップの時にも設定できますが、後から設定することも可能です。

[Windows の設定]から[アカウント]をクリック

後から顔認証を設定するには、[Windows の設定]から[アカウント]をクリックします。

[アカウント]から[サインイン オプション]をクリック

[アカウント]画面から、[サインイン オプション]をクリックします。

[Windows Hello]の[セットアップ]をクリック

顔認証の[セットアップ]をクリックします。

[Windows Hello]から[開始する]をクリック

[Windows Helloへようこそ]の画面が出ます。ここで、[開始する]をクリックすると、撮影が始まります。(ごめんなさい 顔撮影中の画面はカットとさせてください)

[Windows Hello セットアップ]から[PIN の設定]をクリック

撮影が終わると、この画面が出ます。ここで、顔認証に失敗した時のための、PINの設定を行う画面が出ます。顔認証に失敗する例として、眼鏡やサングラスをかけているとか、マスクをしているとかが考えられますね。[PIN の設定]をクリックします。

最初に、アカウントのパスワードを確かめてください

ここで改めて、ユーザのパスワードを聞かれます。パスワードを入力して、[OK]をクリックします。

[PIN のセットアップ]で、PINを設定

顔認証に失敗した時のためのPINを設定します。PINは基本的に数字だけですが、英字と記号を含めることもできます。

実際に顔認証を使ってみたのですが、これはチョー快適! だって、わざわざユーザー名とパスワードを打たなくても、勝手にログオンできるんですもんね。しかも、後ろからパスワードをのぞき見される心配もないですし。今どきのノートPCとかスマホとかは、顔認証か指紋認証が必須だと思いますね。

あわせて読みたい

Surface Pro(Windows 10)が起動できない時の対処法... Windows 10は起動に失敗した場合、自動修復を試みます。しかし、誠に残念ではありますが、自動修復って大抵のケースの...
Surface Pro(Windows 10)でBluetoothマウスやペンを使う... キューティー吉本がSurface Proと同時に買った、Surface Arc Mouse。正しく言うと、Sur...
Surface Pro(Windows 10)で回復イメージ バックアップを取る... Windows 10で復活した機能の一つに、Windowsのイメージバックアップを取る機能があります。Windo...
Surface Pro(Windows 10)でコントロールパネルを表示する... Windows 10で、スタートメニューが帰ってきたのは皆さんもご承知の通りかと思います・・・が、スタートメニューをよー...
Surface Pro(Windows 10)でBitLocker回復キーを保存する... 歴代Surfaceシリーズと、歴代Surface ProシリーズにはTPMチップと呼ばれるセキュリティチップが搭載されて...

1 件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

月間アクセスランキング
オーディション参加費無料!【ワイスター】
フリーランス向け!Webエンジニア・デザイナー案件情報なら【レバテックフリーランス】
脱・ニート・フリーター・派遣!ゼロから正社員としての就職に挑戦【若者正社員チャレンジ】