無料でスキルアップ、年収アップを目指す人のためのお役立ちサイトです。独立・開業・フリーランスを目指す方もぜひ

Windows 10でMicrosoftアカウントを紐づける

2015/09/12

Windows 10では(Windows 8でも)、ローカルアカウントとMicrosoftアカウントを紐づけることができるようになっています。Microsoftアカウントは、マイクロソフトが提供しているWebサービス、例えばHotmail(あ、今ではOutlook.comですか)やSkyDrive(あ、今ではOneDriveですか)を利用するときに使用するユーザーアカウントです。従来は、.Net Passportと呼ばれていました。

で、.Net Passportの時代から、シングルサインオンと言って、一度ユーザー認証を済ませたら、その認証情報ですべてのサービスやWebサイトが利用できる(つまり、サービスやWebサイトごとにログインする必要がない)ための仕組みとして利用されてきたのですが、Windows 8からはこれがWindowsのログオン(あ、Windows 8と10ではサインインですか)にも使えるようになりました。ちなみに、Office Premium搭載マシンを買った場合、MicrosoftアカウントがないとOfficeをインストールできません。

Windows 10 設定画面から[アカウント]を選択

Microsoftアカウントの紐づけは、Windows 10のインストール直後に設定します。後から変更するには、設定画面の[アカウント]をクリックします。

クリックすると、現在どのMicrosoftアカウントに紐づけされているか表示されます。紐づけを解除するには、[ローカルアカウントでのサインインに切り替える]クリックします。

Windows 10 お使いのアカウント

Microsoftアカウントを紐づけると色々なことができるのですが、大きいのは次の3つです。

1.Microsoftアカウントでサインインできる

会社でActive Directoryを使用している場合を除いて、Windowsはアカウントを各PCごとに作成する必要があります。これをローカルアカウントと言います。この仕組みだと、仮に5台のPCを使用している場合、5台のPCすべてにローカルアカウントを作成しなければいけません。また、パスワードを変更する場合、5台のPCすべてのパスワードを変更しなければいけません。

Microsoftアカウントに紐づけておけば、すべてのPCのユーザ名とパスワードが同じになります。なので、パスワードを変更するときもMicrosoftパスワードを変更するだけで済むのです。

2.Windowsの設定を他のPCと同期することができる

Microsoftアカウントを紐づけると、Windowsの設定をMicrosoftアカウントに保存し、他のPCと同期することができます。この機能を使うと、壁紙やWebブラウザのお気に入りなどを変更したら、他のPCにも自動的に反映されます。

設定の同期を無効にすることもできます。設定画面から、[アカウント]→[設定の同期]の順にクリックします。

Windows 10 設定の同期

この画面から、[オフ]を選ぶと同期を無効にすることができます。

3.OneDriveをあたかも普通のドライブのように使える

OneDriveは、マイクロソフトのWebフォルダでして、ファイルをクラウドに保管しておく機能です。本来の使い方は、ファイルを使用するときにOneDriveからダウンロードして、ファイルを保存するときはOneDriveにアップロードします。で、Microsoftアカウントと紐づけると、これを自動的にやってくれるんです。

Windows 10では(Windows 8も)、エクスプローラ画面の中に[OneDrive]という項目がありまして、ここからOneDriveに保管してあるファイルを使うことができるんです。どういう仕組みになっているのかというと、OneDriveに保管されているファイルをこっそりダウンロードしておきまして、ユーザーはこのダウンロードされたファイルを使います。ユーザーがファイルを保存したり、OneDrive上のファイルが変更された場合は、自動的に変更内容を反映します。

Windows 10 OneDriveのファイルをこのPCと同期

この作業を同期と言いまして、Microsoftアカウントを紐づけておけば、OneDriveと同期して、OneDrive上のファイルをあたかもPCのドライブであるかのように使うことができるのです。(詳しくは、この記事をご覧ください)

Windows 10 メールを起動

この他、Outlook.comのメール設定を自動的にやってくれたり、Windowsストアで購入したアプリケーションインストールさせたりすることができます。

かつてPCが高価だったころ、1台のPCをみんなで共有して使っていました。それが、1人1台のPCを使っているケースが珍しくなくなり、今や1人で複数台のPCを使用しているケースもありうるようになりました。従来、複数のPCでユーザーアカウントや設定、ファイルを共用する機能を利用するには、高価なWindows Serverを購入して、Active Directoryドメインを作る必要がありました。Microsoftアカウントを紐づけると、お手軽にアカウントや設定、ファイルを複数のPCで共用できるようになるというわけです。ただし、Microsoftアカウントのパスワードが漏れると大変なことになるので、定期的にパスワードを変更した方がいいと思います。

あわせて読みたい

Surface Pro(Windows 10)が自動修復に失敗した時の対処法... Windows 10は起動に失敗した場合、自動修復を試みます。しかし、誠に残念ではありますが、自動修復って大抵の...
Surface Pro(Windows 10)で顔認証を利用する... Windows 8.1から、ようやく指紋認証の機能が追加されました。Windows 10には、Windows H...
Surface Pro(Windows 10)でBluetoothマウスやペンを使う... キューティー吉本がSurface Proと同時に買った、Surface Arc Mouse。正しく言うと、Sur...
SSHDってどうよ コンピュータにちょっとでも詳しい方ですと、PCに内蔵されている補助記憶装置にはハードディスクとSSDの2種類があるのをご...
Windows 10 バージョン1511 10586 へのアップデート... 「Windows 10が出たっていうけど、最初は不具合が色々あるでしょ? アップデートされてからでないとWindows ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

月間アクセスランキング
全国49校普通自動車専門の合宿免許予約サイト【ユーアイ免許】
ITエンジニアのための転職エージェント【TechClipsエージェント】
資格試験のオンライン対策サイト【資格スクエア】
米国シリコンバレー発祥、世界最大級のオンライン学習プラットフォーム!【Udemy】
在宅で月30万以上稼げる!編集者・取材ライター募集【サグーワークス】