Windows 10でバックアップを取る

Windows 10で復活した機能が、バックアップです。Windows 7ではちゃんとファイルやシステムのバックアップが取れていたのですが、Windows 8でレガシー機能ということになり、Windows 8.1でなくなってしまいました(正確に言うと、コマンドラインから取得可能)。で、Windows 10からバックアップが復活しました。しかも、ただバックアップを取るだけではなく、定期的に変更のあったファイルを取ることもできます。

バックアップを取るには、スタートメニューから[設定]をクリックし、[更新とセキュリティ]を選びます。

Windows 10 設定画面から[更新とセキュリティ]を選択

更新とセキュリティ画面から、[バックアップ]をクリックします。

Windows 10 更新とセキュリティから[バックアップ]を選択

Windows 10のバックアップ機能は、二つあります。一つ目は、Windows 10で追加されたファイル履歴としてバックアップする機能。二つ目は、Windows 7互換のバックアップ機能です。まずは、ファイル履歴としてバックアップを取得する機能を紹介します。

ファイル履歴を使用してバックアップするには、[ドライブの追加]をクリックします。

Windows 10 バックアップ ファイル履歴を保存するドライブを追加

次に、ファイル履歴を格納するドライブを選択します。ただし、Windowsがインストールされている物理ドライとは別のドライブしか選ぶことができません。なぜかと言うと、デフォルトでは、OneDriveに格納しているファイルなど、ユーザデータを一通りバックアップしてくれるのですが、これ全部C:ドライブに入っていまして。C:ドライブと別のHDDにバックアップしないと、HDDが壊れたときにリストアできず、バックアップの意味が半減してしまうからなのです。

キューティー吉本のPCにはハードディスクが1つついていて、C:ドライブとD:ドライブを作ってあります。なので、バックアップ先としてUSBハードディスクを買ってきて、E:ドライブを作ってあります。今回は、このE:ドライブを選びます。

Windows 10 バックアップ ファイル履歴を保存するドライブを選択

これで、バックアップを取得する設定は一応終了です。なので、[ファイルのバックアップを自動的に実行]のオプションが現れます。

ただし、このままではまだバックアップが取得されていません。そこで、[その他のオプション]をクリックしてバックアップのオプションを表示して、すぐにバックアップを取得します。

Windows 10 [その他のオプション]を選択

バックアップ オプションが表示されます。ここでは、バックアップを実行するスケジュール(デフォルトは1時間に1回)とバックアップ保持設定(デフォルトでは全履歴を保持)、バックアップ対象のフォルダーを選択できます。

Windows 10 バックアップ ファイル保持期限のオプション

ここでちょっと気になるのが、バックアップを保持する期間に関する設定です。デフォルトでは、全履歴を保持することになっています。これだと、ディスクがいっぱいになったらバックアップを停止するということになってしまいます。キューティー吉本はこの設定を変更し、[ディスクが一杯になるまで]を選びました。これだと、HDDがいっぱいになったら古いものから順次消すというわけで。バックアップ先はバックアップ専用のHDDを用意したので、これで問題ないでしょう。

Windows 10 バックアップ オプションから[今すぐバックアップ]を選択

[今すぐバックアップ]をクリックすると、バックアップを開始します。

Windows 10 ファイル履歴 データのバックアップを実行中

ちなみに、ファイル履歴はバックアップ先のドライブの、FileHistoryフォルダの下に格納されます。

Windows 10 バックアップ ファイル履歴はバックアップ先ドライブのFileHistoryに格納される

もしバックアップ先に別のフォルダがあったとしても、ちゃんと保持されます。バックアップ先ドライブを選択したからと言って勝手にドライブがフォーマットされるわけではないのでご安心ください。

なぜWindows 8.1からバックアップ機能がなくなったのかはわかりませんが、一般ユーザはバックアップ機能があったとしても使わず、Windowsが起動できなくなったらPCメーカーから提供されているリストアディスクから復旧するからバックアップの必要がない、ということなんだと思います。しかし、Windowsのシステムはともかく、データはバックアップを取っておかないとまずいわけで。マイクロソフトはそこに気付いてバックアップ機能を復活させたんだと思います。(・・・て、最初からわかりそうなものだと思うのですが)

Windows 10
フォローする
判例百選スピード攻略講座 好評実施中
アガルートでは、判例百選スピード攻略講座を好評実施中。会社法が新版となり、改定に対応した「会社法(第4版対応版)」をリリースしました。1判例あたり10分前後という短時間で、論文対策の最短攻略が可能です!
当サイトおすすめ
ReWorks

フルリモートの求人に特化した転職支援サイト。すべての求人がリモートワークの正社員求人なので、在宅での勤務ができる。このため、居住地に関係なく応募できる。失業・休業中の方だけでなく、未経験の方やシニア層でも正社員が可能。未経験の方のためのトレーニングを実施しているほか、トレーニング修了者を対象に就職先の斡旋を行っている。リモートワークをしたい方は、まずは登録しておくべき

K-POP PROJECT by mirai-pro 応募プロモーション
K-POP PROJECT by mirai-pro

新人育成機関「アイ&グレース」が実施する、K-POP新人を育成するためのプロジェクトへのオーディション。韓国の音楽関係者による講義を通じて、幅広いチャンスを得ることができる。日本と韓国の両国で活躍できる人を目指していて、日本と韓国で活躍中の現役プロデュース陣がプロデュースする。オーディションなので通るかどうかという問題はあるが、K-POPで活躍したい人は応募するべき

工場ワークス

全国各地の工場の求人を扱っている転職サイト。工場のお仕事のメリットとして、対象年齢や地域が幅広い、未経験でも高収入が期待できる、正社員登用ありの求人を狙える点がある。その他、女性でも安心の軽作業や、寮あり、入社祝い金ありといった求人にも出会える。もちろん、勤務場所や職種、雇用形態を条件に検索することもできるので、製造業をはじめとして、工場でのお仕事に興味のある方はご登録を

無料で学べるオンライン講座 アイプラス

コメント

  1. […] 10で回復イメージを取るには、設定画面のバックアップから[[バックアップと復元]に移動(Windows […]

タイトルとURLをコピーしました