無料でスキルアップ、年収アップを目指す人のためのお役立ちサイトです。独立・開業・フリーランスを目指す方もぜひ

製品レビュー:Surface買いました

2013/12/18

突然ではありますが、Surface RT(あ、今では単にSurfaceって呼ぶんですね)を買ってしまいました。思えば、iPadにキーボードを付けてもノートPCにならない理由を記事にしたり、Windows 8.1は不発に終わるんじゃないかって記事を書いたりしていたにもかかわらず、なんでSurfaceを買ったのかと言いますと・・・

初代Surface 64GB 黒のタッチカバーを付けました

2013年12月16日~29日の間、マイクロソフトがついにSurfaceの最終たたき売りに入ったからなのでした。そのお値段が、64GB+Touch Coverも、32GB+Touch Coverも、34,800円。しかも、5,000円分のWindowsストアギフトカードがついてくるので、実質29,800円です。ま、キューティー吉本もiPadもノートPCも持っているのですが、ぶっちゃけた話がWeb見てメール見て終わり。でもって、Windows 8やWindows RTのメールアプリってあれは使い物にならん代物だったんですけど、Windows 8.1でちゃんと使えるメールアプリになったので、だったらSurfaceで十分なんじゃないのって思った次第です。

5000円分のWindowsストア ギフトカード Surfaceのおまけ

しかし、この最終たたき売りを始めた結果、32GBでTouch Coverなしでも同じ値段になり、64GBでTouch Coverなしの方が高い(37,800円)という逆転現象が起きてしまい、なるほどよっぽどTouch Cover付きを処分したかったんですね。ただし、同じ値段だったら当然狙うは64GB+Touch Cover付き。探してみたら・・・ありましたねぇ。ただ、キューティー吉本も勘違いしていまして、Type Cover付きかと思ったら、Touch Cover付き、それも黒だったんですね。(そりゃあ売れ残るわ)

Surface RT 箱 裏 64GBモデルでTouch Cover付き

このキャンペーン、マイクロソフトの直販サイトでもやっているのですが、64GB+Touch Cover付きはすでに完売。恐らくこの記事を読んだ人が今から買いに行っても、すでに完売している可能性が大です。果たしてプリンタが使えるのか等々、不安要素は色々ありますが、使用レポートはまたいずれ書きたいと思います。

あわせて読みたい

無印Surfaceは悲運の迷器か? Windows 8が登場した時、マイクロソフトがタブレット機を自社で出しました。一つがSurface RT、もう一つがS...
Surface 3が出ないのはなぜ? 夏のボーナスシーズンに合わせたかのように、Surface Pro 3が登場しました。それまでのSurfaceより劇的に進...
Surfaceで普通のWindowsアプリケーションを使う... Surface は(Surface 2も同じ、以下Surfaceと記述します)、普通のWIndowsアプリケーションが動...
SurfaceでIEの脆弱性の正式対応をする つい先日、Internet Explorerに深刻な脆弱性が見つかりまして、マイクロソフトは暫定対応方法を発表したのです...
SurfaceでIEの脆弱性の暫定対応をする まるでWindows XPのサポート終了のタイミングを見計らったかのように、Internet Explorerの脆弱性が...

2 件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください