製品レビュー:Owlteck 日本語109key メカニカル キーボード 赤軸

このページには広告が含まれています

キューティー吉本のデスクトップPCのキーボードなんですが、テンキーの部分が壊れていまして。それでもどうにかこうにか使っていたんですけど、メインキーもタッチが重くなってきまして(元々タッチ重めのキーボードだったんですけど)、もうこれは限界とキーボードを買い替えることにしました。

Owlteck 日本語109key メカニカル キーボード 赤軸 OWL-KB109CRE-BK 外箱

で、キューティー吉本が買ったキーボードは、Owlteck 日本語109key メカニカル キーボードです。柔らかいタッチの茶軸、入力の手ごたえがありつつ柔らかい赤軸、メカニカルで固めの青軸があるのですが、キューティー吉本が買ったのが赤軸でした。お店で触ってみたところ、茶軸と赤軸で迷ったのですが、茶軸はちょっと柔らかすぎるかなというわけで、赤軸にしました。
(本当はFILCOのが欲しかったんですけど、売り切れだったんです)

Owlteck 日本語109key メカニカル キーボード 赤軸 OWL-KB109CRE-BK 箱を開けたところ

・・・で、開封の儀です。ご覧の通り、色は黒です。前のキーボードは白だったので、ちょっと違和感あり。でも、キーボードって黒が多いし、白だと手あかとか汚れとかが目立つんですよね。

Owlteck 日本語109key メカニカル キーボード 赤軸 OWL-KB109CRE-BK 表面 キーボード本体 PS/2変換コネクタ パームレスト 交換用キー

中には、キーボード本体のほか、パームレスト、PS/2変換コネクタ、交換用キーが入っていました。パームレストはともかく、PS/2なんて今どきは絶滅危惧種でして、もう要らないんじゃないかなというのがキューティー吉本の正直な感想なのですが。

Owlteck 日本語109key メカニカル キーボード 赤軸 OWL-KB109CRE-BK 裏面 本体の角度を2段階に調節できます

・・・で、早速ではありますが、この記事をこのキーボードで作っています。正直な感想は、

「あれ~、このキーボードってこんなにキータッチ軽かったかなぁ・・・」

ま、それだけ前のキーボードが酷かったってことなんですけどね。ただ、キータッチ音は想像よりは大きめ。もっとも、ほぼ無音でタッチ感サイコーのキーボードは、軽く20,000円以上します。さすがに、それはムリ。

ちなみに、お値段は8,650円でした。キーボードとしては決して安くないお値段です。このキーボードもショップによっては軽く12,000円以上します。




ぴえんのイラスト 女性
よろしかったら、Udemyへもお越しくださいませ。LPICレベル1とITパスポートの講座+問題集を提供中です。

【短時間でサクッとわかる】ITパスポート試験講座+問題集 テクノロジ系 シラバス6.2対応
ITパスポート試験 テクノロジ系に対応する、講義ビデオと問題集です。これからITエンジニア、プログラマを目指している方、学生や新入社員の方におススメのコースです
タイトルとURLをコピーしました