Windows 8.1で回復イメージを取る

Windows 8.1から、「Windows 7のファイルの回復」の項目が、コントロールパネルからなくなっています。ただし、あくまでもコントロールパネルからなくなっただけで、ファイルのバックアップは取れるようになっています。方法は、この記事をご覧ください。

実はWindows 8から、バックアップはあくまでもシステムを回復させるため、と割り切ったつくりになっています。これは恐らく、

  • WindowsがプレインストールされているPCをお持ちの方は、メーカーが提供するリカバリディスクを使って復元する
  • ユーザの個人用ファイルは、SkyDriveに保存する

という使い方を想定しているため、無理にバックアップを取る必要はないし、第一スマートフォンやタブレットPCでバックアップなんて基本取らないでしょう、ということみたいです。

ただし、色々なアプリをインストールした後の状態のシステムイメージをバックアップしたいというニーズはあるでしょうし、自作PCを使っている人や後からWindows 8.1にアップグレードした人に取ってはシステムイメージが取れないと困るわけで、Windows 8では任意のタイミングでシステムの回復イメージを取得できるようになっています。

Windows 8.1のrecimgコマンド

方法は、コマンドプロンプトから、

recimg /CreateImage バックアップ先

コマンドを実行します。システムの回復イメージを取った後は、

recimg /ShowCurrent

コマンドを実行して、正常に回復イメージが登録されていることを確認してください。これで、システムの回復を実行すると、この回復イメージを使用してシステムをリストアします。

ただし、ここでもしハードディスクに障害が発生した場合、回復イメージ自体を失う可能性があります。そこで、回復ドライブを作成して、USBメモリーかUSBハードディスクから起動すればシステムをリストアできるようにしておいた方がいいでしょう。

コントロールパネルから「回復」を選択

方法は、「コントロールパネル」から「回復」を選んで、「高度な回復ツール」を起動します。

Windows 8.1の高度な回復ツール

回復ディスクにするUSBメモリーやUSBハードディスクを取り付けて、「回復ドライブの作成」を選びます。後は、画面の指示に従って、回復イメージを保存するUSBメモリーやUSBハードディスクを選択すればOKです。

かくして、Windows 8からは、ユーザが個人で作成したファイルは、Windowsでバックアップしないというスタンスに変わったみたいです。なので、SkyDriveでもYahoo!ボックスでも何でもいいので、個人のファイルはオンラインストレージに退避するくせを付けたほうが賢明なのかもしれません。

ぴえんのイラスト 女性

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。よろしかったら、写真素材ダウンロードサイト【写真AC】にもお越しくださいませ。当サイトの写真の一部を配布していまして、商用利用も可能です

写真素材無料【写真AC】

Windows 8.1
フォローする
当サイトおすすめ
ファクタリング福岡

九州エリアに特化したファクタリング会社。ファクタリングとは、売掛金を買い取ることで現金化すること。このため、借金をすることなく現金が手に入る。手数料は2%~と業界最低レベルで、法人格がない個人事業主でも利用できる。保証人、担保不要、来店不要で、相談から契約まで非対面でも買取の実績がある

ReWorks

フルリモートの求人に特化した転職支援サイト。すべての求人がリモートワークの正社員求人なので、在宅での勤務ができる。このため、居住地に関係なく応募できる。失業・休業中の方だけでなく、未経験の方やシニア層でも正社員が可能。未経験の方のためのトレーニングを実施しているほか、トレーニング修了者を対象に就職先の斡旋を行っている。リモートワークをしたい方は、まずは登録しておくべき

K-POP PROJECT by mirai-pro 応募プロモーション
K-POP PROJECT by mirai-pro

新人育成機関「アイ&グレース」が実施する、K-POP新人を育成するためのプロジェクトへのオーディション。韓国の音楽関係者による講義を通じて、幅広いチャンスを得ることができる。日本と韓国の両国で活躍できる人を目指していて、日本と韓国で活躍中の現役プロデュース陣がプロデュースする。オーディションなので通るかどうかという問題はあるが、K-POPで活躍したい人は応募するべき

無料で学べるオンライン講座 アイプラス

コメント

  1. […] 8.1で宣言通りコントロールパネルから消えたのですが(ただし、コマンドラインから取得可能)、Windows […]

  2. […] 方法は、recimgコマンドを使います。詳しくは、この記事をご覧ください。 […]

タイトルとURLをコピーしました