Windows 8.1でOSイメージ バックアップを取る3つの方法

Windows 8→Windows 8.1で、スタートボタンが復活すると、巷では噂になっています。
(残念ながら、Windows 7みたいなスタートメニューが出ないので、がっかりした人もいるかも知れませんが)

一方で、Windows 8→Windows 8.1で、消えた機能があります。まずは、Windows 8のコントロールパネルをご覧ください。

Windows 8 コントロールパネル

続いて、Windows 8.1のコントロールパネルをご覧ください。

Windows 8.1 コントロールパネル

「Windows 7 のファイルの回復」メニューが、なくなっているんです。

Windows 7は、このメニューからOSイメージをまるごとバックアップすることができたんです。これで、万一ハードディスクが壊れても、ハードディスクを交換した後、このOSイメージから復元することができたんです。Windows 8も引き続きこの機能が使えたのですが、Windows 8.1のプレビュー版からなくなってしまったんです。

では、このまま「Windows 7 のファイルの回復」が復活することのないまま、Windows 8.1の正式版が出たらどうするか。キューティー吉本は方法を3つ考えてみました。

1.wbadmin start backupコマンドを使用する

キューティー吉本的に、正解に近いのはこれ。実は、コマンドプロンプトからwbadmin start backupアップコマンドを使えば、OSをまるごとバックアップできるんです。

wbadmin start backup コマンド

使い方は・・・

wbadmin start backup -backupTarget:バックアップ先ドライブ -include:バックアップするドライブ  -allCritical

です。詳しくは、wbadmin start backup /? でヘルプが表示されますので、こちらをご覧ください。

なお、Windows 8.1から、スタートボタンを右クリックして「コマンドプロンプト(管理者)」がなくなっています。wbadmin start backupコマンドは管理者でないと実行できないので、スタート画面からコマンドプロンプトを起動して、

runas /user:Administrator cmd

で、Administrator権限でコマンドプロンプトを出してくださいね。

2.回復イメージを取得する

実は、Windows 8でも(Windows 8.1でもですが)、システムのイメージをバックアップすることは可能です。ただし、目的はいざWindows 8がおかしくなったときや、Windows 8が起動できなくなったときに、システムを回復できるようにするためです。ユーザが作成したファイルをバックアップするためのものではありません。

方法は、recimgコマンドを使います。詳しくは、この記事をご覧ください。

3.サードパーティー製のバックアップツールを使用する

残念ながら、Windows 8.1単体で、GUIのツールでバックアップを取るにはこれしかありません。1.の方法も、2.の方法も、パソコンになれていない人にとってはハードルが高いことに間違いはありません。上記の方法が無理だと思ったら、ここは素直にバックアップツールを買いましょう。

「iOSやAndroidのOSイメージバックアップを取ろうなんて人は滅多にいないのに、Windowsだけなぜ?」

・・・という声がマイクロソフトから聞こえてきそうなのですが、WindowsはOSやアプリケーションの設定項目の数が多いうえ、あれだけたくさんパッチが登場するため、WindowsとOfficeをインストールしてMicrosoft Updateをかけるだけでも、下手をすれば1日作業なんです。なので、アプリケーションのインストールが終わって、最新のMicrosoft Updateを充てた直後の状態のOSイメージバックアップを取りたいわけです。

OSイメージバックアップを簡単に取れないのであれば、ハードディスクを交換してから、Windows+Office+最新のパッチの状態にさくっと戻せる方法を作って欲しいものです。

ぴえんのイラスト 女性

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。よろしかったら、写真素材ダウンロードサイト【写真AC】にもお越しくださいませ。当サイトの写真の一部を配布していまして、商用利用も可能です

写真素材無料【写真AC】

Windows 8.1
フォローする
当サイトおすすめ
ファクタリング福岡

九州エリアに特化したファクタリング会社。ファクタリングとは、売掛金を買い取ることで現金化すること。このため、借金をすることなく現金が手に入る。手数料は2%~と業界最低レベルで、法人格がない個人事業主でも利用できる。保証人、担保不要、来店不要で、相談から契約まで非対面でも買取の実績がある

ReWorks

フルリモートの求人に特化した転職支援サイト。すべての求人がリモートワークの正社員求人なので、在宅での勤務ができる。このため、居住地に関係なく応募できる。失業・休業中の方だけでなく、未経験の方やシニア層でも正社員が可能。未経験の方のためのトレーニングを実施しているほか、トレーニング修了者を対象に就職先の斡旋を行っている。リモートワークをしたい方は、まずは登録しておくべき

K-POP PROJECT by mirai-pro 応募プロモーション
K-POP PROJECT by mirai-pro

新人育成機関「アイ&グレース」が実施する、K-POP新人を育成するためのプロジェクトへのオーディション。韓国の音楽関係者による講義を通じて、幅広いチャンスを得ることができる。日本と韓国の両国で活躍できる人を目指していて、日本と韓国で活躍中の現役プロデュース陣がプロデュースする。オーディションなので通るかどうかという問題はあるが、K-POPで活躍したい人は応募するべき

無料で学べるオンライン講座 アイプラス

コメント

  1. Windows 8.1が正式に配布開始されまして、さっそく試してみましたが、やっぱり「Windows 7 のファイルの回復」はなかったですね。スタートボタンを右クリックして「コマンドプロンプト(管理者)」は残っていたので、ここからwbadminコマンドでシステムバックアップを取るのが正解に近いと思います。

  2. […] 8ではレガシー機能ということで将来なくなると宣言され、Windows 8.1で宣言通りコントロールパネルから消えたのですが(ただし、コマンドラインから取得可能)、Windows […]

  3. […] Windows 8.1から、「Windows 7のファイルの回復」の項目が、コントロールパネルからなくなっています。ただし、あくまでもコントロールパネルからなくなっただけで、ファイルのバックアップは取れるようになっています。方法は、この記事をご覧ください。 […]

  4. […] 8.1はこの記事を、Windows […]

タイトルとURLをコピーしました