なぜもっと早くやらなかったんだろうと思う、Windows 8.1の3つの新機能

Windows 8.1の新機能は色々ありますが、中には
「これをWindows 8のときにやってたら、あれだけ酷評されることもなかったのに。」
・・・とキューティー吉本的に思う機能があります。

1.デスクトップ画面のスタートボタン

Windows 8.1 デスクトップ

これはもはや、理由を語る必要はないでしょう。どうしてもスタートボタンを外すって言うのであれば、設定を変えればスタートボタンが表示されるようにするべきだったんです。

2.起動時にスタート画面ではなく、デスクトップ画面を出す設定

タスクバーとナビゲーションのプロパティ

これももはや、理由を語る必要はないでしょう。できれば、タッチパネルを検出すればデフォルトでスタート画面、検出しなかったらデフォルトでデスクトップ画面を出すって形であれば、なお可だったんですけどね。

3.Metro UIのチュートリアル

Windows 8.1の ヘルプ+使い方 アプリ

今回大いに突っ込みを入れたいのは、これです。Windows 8.1から、「ヘルプ+使い方」といって、Modern UIの使い方を説明するアプリが、標準で付いたのです。しかも、マウス操作なのかタッチパネル操作なのかを判断して、本文が入れ替わるという仕組みです。なぜこれをWindows 8でやらなかったのか、大いに疑問なんです。

アプリの全画面表示には、OSの操作を行うヒントとなるアイコンを常時表示しないため、どこでなにをすればいいのかがわからないという欠点があります。そうすると、いくらWindowsに慣れている人といえど、操作方法が従来のデスクトップとまるで違う、Modern UIをいきなり使うなんてムリというものでしょう。最低でも、アプリの切り替え、アプリの終了方法、シャットダウンの方法は、絶対に解説を入れるべきだったのではないかと、キューティー吉本は思うわけです。

Metro UIの基本操作を解説するアプリ

Windows 8を初めて使ったとき、いきなりスタート画面に連れていかれて面喰い、アプリを起動するも終了方法がわからずに途方に暮れ、挙句の果てにシャットダウン方法もわからず大いに困った、という経験のある方って結構いらっしゃると思うんです。これだけひどい目に合うと、「もうModern UIなんて使いたくない」と思われても仕方がないと思います。そうなると、「慣れれば使いやすいんですよ」と言われたって使ってもらえるはずはなく、「ユーザの声を聴いて改善しました」と言われてもやっぱり使ってもらえないでしょう。

かくして、ユーザから最初にシャッターを下ろされた格好になってしまった、スタート画面とModern UI。デスクトップ画面をやめてModern UIに切り替えたかったのなら、なぜModern UIのチュートリアルを付けなかったのか、大いに疑問です。

ぴえんのイラスト 女性

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。よろしかったら、写真素材ダウンロードサイト【写真AC】にもお越しくださいませ。当サイトの写真の一部を配布していまして、商用利用も可能です

キューティー吉本さんのプロフィール|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK
無料写真素材を提供する「写真AC」のフリー写真素材は、個人、商用を問わず無料でお使いいただけます。クレジット表記やリンクは一切不要です。Web、DTP、動画などの写真素材としてお使いください。
Windows 8.1
フォローする
当サイトおすすめ
ファクタリング福岡

九州エリアに特化したファクタリング会社。ファクタリングとは、売掛金を買い取ることで現金化すること。このため、借金をすることなく現金が手に入る。手数料は2%~と業界最低レベルで、法人格がない個人事業主でも利用できる。保証人、担保不要、来店不要で、相談から契約まで非対面でも買取の実績がある

ReWorks

フルリモートの求人に特化した転職支援サイト。すべての求人がリモートワークの正社員求人なので、在宅での勤務ができる。このため、居住地に関係なく応募できる。失業・休業中の方だけでなく、未経験の方やシニア層でも正社員が可能。未経験の方のためのトレーニングを実施しているほか、トレーニング修了者を対象に就職先の斡旋を行っている。リモートワークをしたい方は、まずは登録しておくべき

K-POP PROJECT by mirai-pro 応募プロモーション
K-POP PROJECT by mirai-pro

新人育成機関「アイ&グレース」が実施する、K-POP新人を育成するためのプロジェクトへのオーディション。韓国の音楽関係者による講義を通じて、幅広いチャンスを得ることができる。日本と韓国の両国で活躍できる人を目指していて、日本と韓国で活躍中の現役プロデュース陣がプロデュースする。オーディションなので通るかどうかという問題はあるが、K-POPで活躍したい人は応募するべき

無料で学べるオンライン講座 アイプラス

コメント

タイトルとURLをコピーしました