無料でスキルアップ、年収アップを目指す人のためのお役立ちサイトです。独立・開業・フリーランスを目指す方もぜひ

Windows 8.1アップデート後にするべきこと

2013/10/18

他のWindowsからWindows 8.1へアップグレードしても、旧Windowsのファイルが残ります。これは、Windows 8.1のアップグレードに失敗した等の理由で、元のWindowsに戻せるようにするためです。当然、その分ディスクを使っているわけでして、もう元のバージョンのWindowsに戻さないのであれば、消した方がいい・・・というわけです。

以前のWindowsファイルを削除するには、まずC:ドライブのプロパティ画面を表示します。

Windows 8.1インストール直後のC:ドライブのプロパティ

ここで、「ディスクのクリーンアップ」をクリックします。

Windows 8.1アップデート直後のディスク クリーンアップ

ただディスクのクリーンアップを実行するだけではダメです。ここで、「システム ファイルのクリーンアップ」をクリックします。

Windows 8.1アップデート直後のシステムファイルのクリーンアップ

ここで、「以前の Windows のインストール」と「Windows アップグレード ログ ファイル」をチェックして、「OK」をクリックします。

これで旧バージョンのWindowsファイルを削除できます。ただし、もう元のバージョンに戻すことができないので、Windows 8.1がちゃんと動くのを確認してからのほうがいいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください