無料でスキルアップ、年収アップを目指す人のためのお役立ちサイトです。独立・開業・フリーランスを目指す方もぜひ

サーバーマネージャーをサインイン時に起動しないようにする

2013/10/09

Windows Server 2012(Windows Server 2012 R2も)は、デフォルトではサインインすると、サーバーマネージャーが起動するようになっています。(ちなみに、Windows 8とWindows Server 2012から、ログオンではなく、サインインといいます)

機能や役割の追加、重複排除の設定など、今後はサーバーの設定はサーバーマネージャーでどうぞ、とマイクロソフトは言いたいみたいです。ちなみに、ディスクのパーティションに関する設定も、サーバーマネージャーからでないと設定できない項目があったりします。

しかし、サインインしたからといって、必ずしもサーバーマネージャーに用事があるとは限らず、しかもサーバーマネージャーって起動するのにえらい時間がかかって、うっとおしいことこの上なかったりします。

このサーバーマネージャーを、サインイン時に自動的に起動しないようにするには、サーバーマネージャーの[管理]メニューから、[サーバーマネージャーのプロパティ]を表示します。

Windows Server 2012のサーバーマネージャー

で、サーバーマネージャーのプロパティ画面から、[ログオン時にサーバーマネージャーを自動的に起動しない]にチェックを入れて、[OK]をクリックします。

サーバーマネージャーのプロパティ

「あれー、Windows Server 2012から、ログオンじゃなくってサインインって言うんじゃなかったっけ?」って突っ込みを入れるのはやめましょう。

しかし、なんでこんなわかりにくいところから設定させるかなぁ・・・ってキューティー吉本的には思うのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください