サーバーマネージャーをサインイン時に起動しないようにする

このページには広告が含まれています

Windows Server 2012(Windows Server 2012 R2も)は、デフォルトではサインインすると、サーバーマネージャーが起動するようになっています。(ちなみに、Windows 8とWindows Server 2012から、ログオンではなく、サインインといいます)

機能や役割の追加、重複排除の設定など、今後はサーバーの設定はサーバーマネージャーでどうぞ、とマイクロソフトは言いたいみたいです。ちなみに、ディスクのパーティションに関する設定も、サーバーマネージャーからでないと設定できない項目があったりします。

しかし、サインインしたからといって、必ずしもサーバーマネージャーに用事があるとは限らず、しかもサーバーマネージャーって起動するのにえらい時間がかかって、うっとおしいことこの上なかったりします。

このサーバーマネージャーを、サインイン時に自動的に起動しないようにするには、サーバーマネージャーの[管理]メニューから、[サーバーマネージャーのプロパティ]を表示します。

Windows Server 2012のサーバーマネージャー

で、サーバーマネージャーのプロパティ画面から、[ログオン時にサーバーマネージャーを自動的に起動しない]にチェックを入れて、[OK]をクリックします。

サーバーマネージャーのプロパティ

「あれー、Windows Server 2012から、ログオンじゃなくってサインインって言うんじゃなかったっけ?」って突っ込みを入れるのはやめましょう。

しかし、なんでこんなわかりにくいところから設定させるかなぁ・・・ってキューティー吉本的には思うのでした。




ぴえんのイラスト 女性
よろしかったら、Udemyへもお越しくださいませ。LPICレベル1とITパスポートの講座+問題集を提供中です。

【短時間でサクッとわかる】ITパスポート試験講座+問題集 テクノロジ系 シラバス6.2対応
ITパスポート試験 テクノロジ系に対応する、講義ビデオと問題集です。これからITエンジニア、プログラマを目指している方、学生や新入社員の方におススメのコースです
タイトルとURLをコピーしました