QNAPのTurbo NASにUSBドライブを接続する

先日、QNAPのTS-231のHDDを交換しまして、結果今までQNAPに使っていたHDDが余ってしまいました。そのままではもったいないので、USB接続のディスクケースに入れまして、QNAPにつなぐことにしました。キューティー吉本が使用したディスクケースは、LogitecのLHR-EGEU3F。USB 3.0対応で、HDDアクセスのないときは電源が自動的に落ちる仕組みになっています。バックアップにはもってこいですね。

LogitecのUSB 3.0 ディスクケース

実は、QNAPのTurbo NASにはUSBインターフェイスがついていまして、ここにUSB接続のHDDをつなぐことができるんですね。で、Turbo NASのデータを、USBドライブへバックアップしようというわけです。USB 3.0なら、十分バックアップ用途に耐えるはず。

USBドライブを接続し、Turbo NASが認識すると、[外部デバイスが検出されました]とポップアップ画面が表示されます。[外部デバイス設定を表示する]をクリックします。

QNAP [外部デバイス]から[外部デバイス設定を表示する]をクリック

当然ですが、HDDは最初にフォーマットしないと使えません。仮にWindowsで使っていたHDDでも同様。QNAPとWindowsはファイルシステムが違うので、必ずフォーマットしないといけません。[フォーマット]をクリックします。

QNAP [外部ストレージ]から[フォーマット]をクリック

ファイルシステムとラベル、暗号化を選択します。ファイルシステムはExt4でいいでしょう。後は、ラベルと暗号化(する・しない)を選択して、[フォーマット]をクリックします。

QNAP [外部ストレージデバイスのフォーマット]から[フォーマット]をクリック

ディスクのフォーマットが始まります。場合によっては数時間かかる場合もありますので、気長に待ちます。

QNAP 外部ストレージデバイスをフォーマット中

フォーマットが完了すると、外部ディスクとして利用することができます。[File Station]を開くと、[External1]と、先程フォーマットしたときに指定したラベル名が表示されています。これがUSBドライブです。クリックすると、USBドライブの中身が表示されます。

QNAP [ファイルマネージャ]の[External1]画面

また、外部ドライブを共有して、他のPCからネットワーク経由で参照させることもできます。[コントロールパネル]の[共有フォルダ]を選んで、USBドライブをネットワーク経由で参照させるユーザに対して権限を与えます。

QNAP [コントロールパネル]の[共有フォルダ]画面 外部デバイスが[External1]と表示されている

ちなみに、USBドライブをネットワーク経由で参照する方法は、NASのHDDをネットワーク経由で参照するときと全く一緒。フォーマットしたときに指定したラベル名が、そのまま共有名になります。

QNAP
フォローする
当サイトおすすめ
ファクタリング福岡

九州エリアに特化したファクタリング会社。ファクタリングとは、売掛金を買い取ることで現金化すること。このため、借金をすることなく現金が手に入る。手数料は2%~と業界最低レベルで、法人格がない個人事業主でも利用できる。保証人、担保不要、来店不要で、相談から契約まで非対面でも買取の実績がある

ReWorks

フルリモートの求人に特化した転職支援サイト。すべての求人がリモートワークの正社員求人なので、在宅での勤務ができる。このため、居住地に関係なく応募できる。失業・休業中の方だけでなく、未経験の方やシニア層でも正社員が可能。未経験の方のためのトレーニングを実施しているほか、トレーニング修了者を対象に就職先の斡旋を行っている。リモートワークをしたい方は、まずは登録しておくべき

K-POP PROJECT by mirai-pro 応募プロモーション
K-POP PROJECT by mirai-pro

新人育成機関「アイ&グレース」が実施する、K-POP新人を育成するためのプロジェクトへのオーディション。韓国の音楽関係者による講義を通じて、幅広いチャンスを得ることができる。日本と韓国の両国で活躍できる人を目指していて、日本と韓国で活躍中の現役プロデュース陣がプロデュースする。オーディションなので通るかどうかという問題はあるが、K-POPで活躍したい人は応募するべき

無料で学べるオンライン講座 アイプラス

コメント

  1. […] まずは、USBドライブを接続して、フォーマットします。方法は、話せば長いので、この記事をご覧ください。 […]

タイトルとURLをコピーしました