無料でスキルアップ、年収アップを目指す人のためのお役立ちサイトです。独立・開業・フリーランスを目指す方もぜひ

Surfaceで普通のWindowsアプリケーションを使う

2014/05/18

Surface は(Surface 2も同じ、以下Surfaceと記述します)、普通のWIndowsアプリケーションが動きません。なぜかと言うと、SurfaceのOSは Windows RT または Windows RT 8.1 なので、Windowsストアからインストールするアプリケーション、つまりWindowsストアアプリしか動かすことができません。(その理由は、この記事をご覧ください)

Windows RT 8.1 Update後のアプリ画面 頭文字ごとに分類されるようになった

しかし、これが結構大きなネックなのは確か。基本的に、Webとメールぐらいしか使わないから、Internet Explorerとメールアプリがついていて、ここへOfficeが入っていたら不自由しないって言っても、例えば・・・

「そう言えば、Excelのワークシートを、暗号化ZIPで暗号化して、メールで送ろう」

・・・と、ここで暗号化ZIPを作ろうとして・・・

「あれ!? 暗号化ZIPが作れるWindowsストアアプリがない!」

はい。ここで詰まるわけです。(正確にいうと、WinZIPがあるのですが、年間800円も取られる)

その他、Windowsストアアプリってまだまだ数が足りなくて、普通にWindowsアプリを使いたくなるケースって結構あったりするんです。そこで、こんな方法を考えてみました。

Surfaceからリモートデスクトップで、秀丸エディタを使うとこんな感じです

はい。Surfaceで秀丸エディタを動かしてみました。Surfaceってデスクトップで動くアプリがあんまりなくて、Windowsストアアプリだと全滅。ま、WindowsストアアプリってModern UIから使うから当たり前なのですが。やはりもう少し高機能なテキストエディタが欲しいもんです。

話が横道にそれましたが、この写真のスクリーンショットが、こんな感じです。

SurfaceからリモートデスクトップでWindowsアプリを使う スクリーンショット

デスクトップには秀丸エディタのほか、ウイルスセキュリティ0やアタッシェケース、TeraTerm Proのショートカットが。でも、このスタートボタンの形って・・・

SurfaceからリモートデスクトップでWindows 7を使ってみる まるでSurfaceでWindows 7が動いているみたいです

はい。Windows 7です。もちろん、SurfaceでWindows 7が動くわけがありません。でも、ご覧の通り、SurfaceでWindows 7が動いているように見えませんか?

これ。どうしているかというと、Windows 7が動いているPCでリモートデスクトップ接続を有効にして、SurfaceからWindows 7マシンを操作しているんです。なので、あたかもSurfaceでWindows 7が動いているかのように見えるんです。ただし、Windows 7とその上で動くアプリケーションは、Surfaceの上ではなく、PCの上で動いています。Surfaceは、本来PCで表示するはずのデスクトップ画面を借りているだけ。

「なんだよそれー SurfaceでWindowsアプリが動いているわけじゃないじゃん!」

確かにそうなんですけどね。ただし、Windows 7が普通のPCだった場合(特にデスクトップPCだった場合)、Surfaceから操作できると結構便利だったりします。リビングとかこたつの中とか、ベッドで寝ながら使えたりしますからね。

まずは、PC側の設定です。PC側では、リモートデスクトップ接続を許可します。Windows 7の場合、システムのプロパティ画面から、「リモート」タブをクリックし、「ネットワーク レベル認証でリモート デスクトップを実行しているコンピューターからのみ接続を許可する」を選択します。(他のWindowsでも、ほぼ同じ感じの設定方法)

Windows 7でリモートデスクトップ接続を許可する

次に、Surface側の設定です。Surfaceは、標準ではリモートデスクトップ接続アプリケーションがインストールされていません。そこで、Windowsストアから、「リモートデスクトップ」で検索し、Surfaceにリモート デスクトップをインストールします。

Windowsストアからリモートデスクトップをインストールする

後はSurfaceでリモートデスクトップを起動して、Windows PCのコンピュータ名またはIPアドレスを指定して接続すればOKです。

PC名やIPアドレスを指定して、リモートデスクトップ接続を行う

別解としては、Surface Pro(またはSurface Pro 2)を買う。こっちはWindows 8(またはWindows 8.1)なので、普通にWindowsアプリが使えます。ただし、お値段が全然違う上に、軽さや電池の持ちを考えると、Surfaceにも分があると思うんですけどね。

あわせて読みたい

無印Surfaceは悲運の迷器か? Windows 8が登場した時、マイクロソフトがタブレット機を自社で出しました。一つがSurface RT、もう一つがS...
Surface 3が出ないのはなぜ? 夏のボーナスシーズンに合わせたかのように、Surface Pro 3が登場しました。それまでのSurfaceより劇的に進...
SurfaceでIEの脆弱性の正式対応をする つい先日、Internet Explorerに深刻な脆弱性が見つかりまして、マイクロソフトは暫定対応方法を発表したのです...
SurfaceでIEの脆弱性の暫定対応をする まるでWindows XPのサポート終了のタイミングを見計らったかのように、Internet Explorerの脆弱性が...
密かにアップデートされていたSurfaceとWindows 8.1... 巷では、Windows XPのサポートが終了したとかで騒ぎになっておりますが、その陰で、Windows 8.1がこっそり...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください