無料でスキルアップ、年収アップを目指す人のためのお役立ちサイトです。独立・開業・フリーランスを目指す方もぜひ

Surfaceで普通のWindowsアプリが動かないのはなぜ?

2014/01/09

Surfaceって、元々はSurface RTという名前でして、オペレーティングシステム(つまり、OS)はWindows RTです。Windows RTって、名前にWindowsと付くにもかかわらず、普通のWindowsで動くアプリケーション(つまり、アプリ)を使うことはできません。これは、Surface 2が登場して、Windows RT 8.1にバージョンアップしても同じです。

初代Surface 64GB 黒のタッチカバーを付けました

Surface RTとSurface 2(以降、Surface RTとSurface 2をひっくるめて、Surfaceと呼びます)って、ARMって言う、携帯電話やスマートフォンでよく使われているCPUを積んでいるんです。一方、PCってIntelって会社が作ったi386、またはi386と同じ命令を持つCPU(以降、x86と呼びます)を積んでいるんです。

OSにしても、アプリにしても、CPUへの命令の集まりなんです。ところが、困ったことにCPUによって命令の種類が違うんです。命令の種類が違う以上、同じOS・同じアプリを動かすことができないんです。だから、ARMとx86ではOSは別、アプリも別なのです。

早い話が、SurfaceってARMってCPUを積んでいて、CPUが普通のPCと異なるので、普通のWindowsを動かすわけにはいかず、Windows RTって言う、ARM専用のWindowsを作ったってわけなんです。でもって、見た目をWindowsそっくり、使い方をWindowsそっくりにすることはできても、Windowsと同じアプリを動かすことができないんです。(でも、やっぱりSurfaceでWindowsと同じアプリを使いたい方は、この記事をご覧ください)

 Windows RT 8.1のスタート画面

「じゃあ、Windowsストアアプリだったら、Windows RTでも動くのはなぜ?」

はい。いいところに気付きました。Windows 8からは、通常のWindowsアプリとは別に、Windowsストアからインストールするアプリ(いわゆる、Windowsストアアプリ)というのがあるんです。Windowsストアアプリってハードウェアへのアクセスが厳しく制限される上、マイクロソフトの審査を受けてWindowsストアから配布しなければいけません。なので、普通のWindowsよりもセキュリティが高いんです。

Windowsストアへ行くは、スタート画面から「ストア」をクリックします。

Windowsストア ARMと書いてあればWindows RTでも動きます

で、「詳細」の「サポートされているプロセッサ」欄にARMと書いてあれば、WIndows RTで動きます。また、x86と書いてあれば、普通のPCで動くWindows(・・・と言ってもWindows 8以降ですが)でも動きます。CPUの種類が異なれば、異なるOS・異なるアプリのはず。なのに、なぜWindowsストアアプリって、普通のPCでもSurfaceでも動くのか。理由は、Windowsストアアプリって.NETフレームワーク(こう書いて、「どっとねっとふれーむわーく」と読む)っていう仕組みを使って動いているからなのです。

.NETフレームワークには、実行時コンパイル機能と言うのがありまして、アプリを実行するときに、CPUの種類に合わせて命令を翻訳しなおす機能があるんです。これは人間に例えると、「この記事は誰が読むかわからないから、とりあえず英語で書いておこう。日本人が読むんだったら、頭の中で日本語に翻訳してね」ってことができるんです。なので、Windowsストアアプリって、実行するときに、PCだったらi386の命令に、SurfaceだったらARMの命令に翻訳してから実行しているというわけなんです。

Windows RT 8.1のデスクトップ画面

実行時コンパイル機能を使うと、CPUの種類を問わず実行できるアプリを作ることができる反面、どうしても実行速度は遅くなります。これは、「日本人が読む記事だったら、最初っから日本語で記事を書いた方がいい」のと同じです。

Windows 8が登場したころ、Surface RT以外にもWindows RTマシンってのがあったんです。しかし、普通のWindowsアプリが動かないというのがネックになったのか、今ではほぼSurfaceのみになってしまいました。Windows RTって、Windowsを標的にしたウイルスに感染しないので、セキュリティが高いってメリットもあるんですけどねぇ。

あわせて読みたい

無印Surfaceは悲運の迷器か? Windows 8が登場した時、マイクロソフトがタブレット機を自社で出しました。一つがSurface RT、もう一つがS...
Surface 3が出ないのはなぜ? 夏のボーナスシーズンに合わせたかのように、Surface Pro 3が登場しました。それまでのSurfaceより劇的に進...
Surfaceで普通のWindowsアプリケーションを使う... Surface は(Surface 2も同じ、以下Surfaceと記述します)、普通のWIndowsアプリケーションが動...
SurfaceでIEの脆弱性の正式対応をする つい先日、Internet Explorerに深刻な脆弱性が見つかりまして、マイクロソフトは暫定対応方法を発表したのです...
SurfaceでIEの脆弱性の暫定対応をする まるでWindows XPのサポート終了のタイミングを見計らったかのように、Internet Explorerの脆弱性が...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

月間アクセスランキング
ITエンジニアのための転職エージェント【TechClipsエージェント】
全国49校普通自動車専門の合宿免許予約サイト【ユーアイ免許】
24時間安定稼働!初期費用無料の超高速VPS【ConoHa for Windows Server】
XIM APEX【国内正規品】 ゲーム用マウス&キーボードコンバーター
古いPCもまるで新品だった頃の軽さと速さに 【アバスト クリーンアップ プレミアム】