Windows Server 2012で記憶域プールを作成する(その2)

記憶域プールを作成して、複数の物理ディスクを1つにまとめたら、今度は仮想ディスクを作成します。一旦一つにまとめたディスクを、再度分割していくわけですね。

仮想ディスクの作成 仮想ディスクの新規作成ウィザードの初期画面

「次へ」をクリックします。

仮想ディスクの作成 仮想ディスクを作成する記憶域プールの選択

どの記憶域プールから仮想ディスクを作成するのか、記憶域プールを選んで「次へ」をクリックします。

仮想ディスクの作成 仮想ディスク名の指定

仮想ディスクの名前を指定して、「次へ」をクリックします。名前は何でもいいのですが、できれば日本語は使わないことをお勧めします。

仮想ディスクの作成 記憶域のレイアウトの選択

仮想ディスクを作成するときの、1つ目のポイントがこれ。レイアウトの選択です。ただディスクを切り出すだけじゃなくて、冗長性を持たせることができるんです。

  • Simple
    冗長性はありません。なので、物理ディスク1台でOKです
  • Mirror
    複数のディスクに同じ内容を書くことで、ディスク1台または2台が壊れてもデータが保持できるようにします。
  • Parity
    パリティを追加して、ディスク1台または2台が壊れてもデータが保持できるようにします。

なお、2つディスクが壊れても大丈夫なParityは、Windows Server 2012 R2でないと作れません。

仮想ディスクの作成 記憶域のプロビジョニングの選択

仮想ディスクを作成するときの、2つ目のポイントがこれ。プロビジョニングの設定です。ここで、「最小限」を選択すると、仮想ディスクを作成した時点では物理ディスクを消費せず、データが格納されると順次ディスク領域を使っていきます。これをうまく使うと、シンプロビジョニングといって、物理ディスクの容量とは無関係に、仮想的なサイズのディスクを作ることができます。

ここで、物理ディスクの容量を上回るサイズの仮想ディスクを作ることもできまして、この場合物理ディスクの容量が足りなくなりかけた段階で、後から記憶域プールに物理ディスクを足すこともできます。なので、うまく使えば物理ディスクを効率よく使えるのですが、物理ディスクの容量を使い果たした時点でトラブるのは当然で、それがイヤなら「固定」を選択して、仮想ディスクを作った時点で物理ディスクの領域を確保してしまいます。

仮想ディスクの作成 仮想ディスクのサイズの指定

仮想ディスクのサイズを指定します。「最大サイズ」を指定すると、記憶域プール最大のサイズを確保します。

仮想ディスクの作成 設定内容の確認

ここまでの設定内容を確認して、「次へ」をクリックします。

仮想ディスクの作成 仮想ディスクの作成完了

仮想ディスクの作成も、意外とあっけなく終わります。この後、仮想ディスクにボリュームを作成するので、「このウィザードを閉じるときにボリュームを作成します」をチェックして、「閉じる」をクリックします。

ぴえんのイラスト 女性

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。よろしかったら、写真素材ダウンロードサイト【写真AC】にもお越しくださいませ。当サイトの写真の一部を配布していまして、商用利用も可能です

キューティー吉本さんのプロフィール|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK
無料写真素材を提供する「写真AC」のフリー写真素材は、個人、商用を問わず無料でお使いいただけます。クレジット表記やリンクは一切不要です。Web、DTP、動画などの写真素材としてお使いください。
Windows Server 2012
フォローする
当サイトおすすめ
ファクタリング福岡

九州エリアに特化したファクタリング会社。ファクタリングとは、売掛金を買い取ることで現金化すること。このため、借金をすることなく現金が手に入る。手数料は2%~と業界最低レベルで、法人格がない個人事業主でも利用できる。保証人、担保不要、来店不要で、相談から契約まで非対面でも買取の実績がある

ReWorks

フルリモートの求人に特化した転職支援サイト。すべての求人がリモートワークの正社員求人なので、在宅での勤務ができる。このため、居住地に関係なく応募できる。失業・休業中の方だけでなく、未経験の方やシニア層でも正社員が可能。未経験の方のためのトレーニングを実施しているほか、トレーニング修了者を対象に就職先の斡旋を行っている。リモートワークをしたい方は、まずは登録しておくべき

K-POP PROJECT by mirai-pro 応募プロモーション
K-POP PROJECT by mirai-pro

新人育成機関「アイ&グレース」が実施する、K-POP新人を育成するためのプロジェクトへのオーディション。韓国の音楽関係者による講義を通じて、幅広いチャンスを得ることができる。日本と韓国の両国で活躍できる人を目指していて、日本と韓国で活躍中の現役プロデュース陣がプロデュースする。オーディションなので通るかどうかという問題はあるが、K-POPで活躍したい人は応募するべき

無料で学べるオンライン講座 アイプラス

コメント

タイトルとURLをコピーしました