This article has a multi-language menu in the footer.

NEC スモールPC Mate MC-1 をモンスターマシン化してみた

このページには広告が含まれています

NEC デスクトップPC Mate スモールモデル MC-1 本体前面

とってもちっちゃくてかわいいPC、Mate MC-1です。ただ、決してスペックは高くなかったりします。CPUがCore i5なのはいいとして、メモリ4GB、HDD500GBって、これはどうにかしたい。

crucial DDR4 PC4-19200 8GB DIMM メモリ2枚セット

まずは、メモリを積めるだけ積みます。最高16GBまで積めるのですが、この場合は8GBのDIMMを2枚積みます。メモリの規格は、DDR4 PC4-19200です。

Western Digital WD BLACKシリーズ SSD 500GB

続いて、HDDも積めるだけ・・・と思ったのですが、HDDの外し方がわからずに断念。そこで、M.2規格のSSDのスロットがあったのを思い出したのでした。SSDは、Western DigitalのWD BLACKシリーズにしました。ただ、本当に動くのかどうか確信が持てなかったので、500GBのを積んで、様子を見たいと思います。

NEC デスクトップPC Mate スモールモデル MC-1 上面カバーを開けたところ

はい。まずは、天板を外します。

NEC デスクトップPC Mate スモールモデル MC-1 HDDのコネクタを外したところ

HDDは、もう使いません。一旦コネクタを抜いておきます。

NEC デスクトップPC Mate スモールモデル MC-1 側面カバーを開けたところ

反対側の蓋を外すと、メモリとSSDのスロットが出てきます。

NEC デスクトップPC Mate スモールモデル MC-1 8GBのメモリ2枚とSSDを付けたところ

で、今回買ってきたメモリとSSDを積みました。蓋と天板を元通り取り付けます。

NEC デスクトップPC Mate スモールモデル MC-1 起動チェック メモリは認識するもSSDを認識せず

ちゃんと認識するかどうかチェック。しかし、メモリは16GBちゃんと認識できているものの、

「あれ~、M.2 DriveがNoneになってるじゃん。」

不吉な予感がしたのですが、CentOS 7をインストールしてみます。

NEC デスクトップPC Mate スモールモデル MC-1 CentOS 7のインストール ディスクが見つからずに失敗

ディスクが見つからず、敢え無く撃沈。

しかし、HDDを再度つないで、Windows 10を起動し、ディスクの管理画面を見ると・・・

SSDを付けた後のディスクの管理画面 SSDがディスク1として認識されています

なあんだ。ちゃんと認識してるじゃん。どうやら、CentOS 7は認識できないけど、Windows 10だと認識できるということみたいです。

そこで、HDDをSSDにイメージコピーして、Windows 10マシンとして使うことに決定。EaseUS Todo Backup Freeを使って、HDDからSSDへクローンします。

EaseUS Todo Backup Free クローン実行の確認

で、HDDを外して起動したら、敢え無く起動に失敗。色々調べた結果、Network Bootが有効だと起動に失敗することが判明。Network Bootを無効にして、無事起動できたのでした。

やはりSSD化の効果は絶大。M.2規格のSSDだけあってSATAインターフェイスがボトルネックになることもなく、これは速いですね。初心者にはハードルが高いですが、やる価値ありです。




ぴえんのイラスト 女性
よろしかったら、Udemyへもお越しくださいませ。LPICレベル1とITパスポートの講座+問題集を提供中です。

【短時間でサクッとわかる】ITパスポート試験講座+問題集 テクノロジ系 シラバス6.2対応
ITパスポート試験 テクノロジ系に対応する、講義ビデオと問題集です。これからITエンジニア、プログラマを目指している方、学生や新入社員の方におススメのコースです
リクナビNEXT
リクナビNEXT
タイトルとURLをコピーしました