Windows 10のタブレットモードを使いこなす

Windows 10をタブレットモードで起動すると、全面にタイルが並びます。このタイル、ただクリックすればアプリケーションが起動するだけではなく、タイルによっては待ち受け画面にメッセージが表示されます。およそWindows 8のスタート画面のような感じです。

タッチパネル内蔵かつキーボードがないPC(早い話がタブレットPC)では、デフォルトがタブレットモードです。普通のPCでも、タブレットモードに切り替えることができます。(使いたいかどうかは別にして)

タブレットモードに切り替えるには、このアイコンをクリックして、アクション センターを表示します。

Windows 10の通知アイコン クリックするとアクションセンターが起動します

アクション センターから、[タブレットモード]をクリックすると、タブレットモードに切り替わります。逆に、タブレットPCで[タブレット モード]をクリックすると、デスクトップモードに切り替わり、従来のWindows同様のデスクトップ画面が使えるようになります。

Windows 10のアクション センター

話をタブレットモードの画面に戻しますと、Windows 10のタブレットモードの画面は、Windows 8のスタート画面から若干かいりょうが加えられています。まず、左下に電源ボタンの他、[すべてのプログラムを表示]ボタンがついています。

Windows 10のすべてのアプリボタン

このボタンをクリックすると、Windows 10のスタートメニュー同様、左側にアプリケーションがずらりと並びます。使い勝手としては、デスクトップモードでスタートメニューから[すべてのプログラム]をクリックした時と同じ感じです。

Windows 10のタブレットモードですべてのアプリを表示する

また、画面左上には、[メニュー]ボタンが付いています。

Windows 10のメニューボタン

ここをクリックすると、最近使ったアプリケーションと、エクスプローラ、設定、電源、すべてのアプリが並んで表示されます。ちょうど、デスクトップモードでスタートボタンをクリックした時に表示されるスタートメニューと同じ項目が並びます。

Windows 10のタブレットモードのスタートメニュー

「だったらスタートボタンをクリックしたら、この画面になるようにした方がよかったんじゃない?」

という声が聞こえてきそうですが、スタートボタンは、アプリケーションを使用しているときにスタート画面に戻るためのボタンなので、そうは行かなかったのかもしれません。

Windows 10では、スタートメニューの項目以下、アイコンが従来のWindowsよりも大きくなっているため、仮にタブレットPCを使っていてもタブレットモードを使うかどうかは疑問が残りますが、画面サイズが小さいタブレットPCだと、便利かもしれません。

Windows 10
フォローする

期間限定 起業家応援キャンペーン実施中

2年以内に起業・開業した方を対象に、弥生会計オンラインとMisocaが2年間無料になるキャンペーン実施中です

当サイトおすすめ
ReWorks

フルリモートの求人に特化した転職支援サイト。すべての求人がリモートワークの正社員求人なので、在宅での勤務ができる。このため、居住地に関係なく応募できる。失業・休業中の方だけでなく、未経験の方やシニア層でも正社員が可能。未経験の方のためのトレーニングを実施しているほか、トレーニング修了者を対象に就職先の斡旋を行っている。リモートワークをしたい方は、まずは登録しておくべき

K-POP PROJECT by mirai-pro 応募プロモーション
K-POP PROJECT by mirai-pro

新人育成機関「アイ&グレース」が実施する、K-POP新人を育成するためのプロジェクトへのオーディション。韓国の音楽関係者による講義を通じて、幅広いチャンスを得ることができる。日本と韓国の両国で活躍できる人を目指していて、日本と韓国で活躍中の現役プロデュース陣がプロデュースする。オーディションなので通るかどうかという問題はあるが、K-POPで活躍したい人は応募するべき

工場ワークス

全国各地の工場の求人を扱っている転職サイト。工場のお仕事のメリットとして、対象年齢や地域が幅広い、未経験でも高収入が期待できる、正社員登用ありの求人を狙える点がある。その他、女性でも安心の軽作業や、寮あり、入社祝い金ありといった求人にも出会える。もちろん、勤務場所や職種、雇用形態を条件に検索することもできるので、製造業をはじめとして、工場でのお仕事に興味のある方はご登録を

無料で学べるオンライン講座 アイプラス

コメント

タイトルとURLをコピーしました