無料でスキルアップ、年収アップを目指す人のためのお役立ちサイトです。独立・開業・フリーランスを目指す方もぜひ

Windows 10のタブレットモードを使いこなす

2015/08/24

Windows 10をタブレットモードで起動すると、全面にタイルが並びます。このタイル、ただクリックすればアプリケーションが起動するだけではなく、タイルによっては待ち受け画面にメッセージが表示されます。およそWindows 8のスタート画面のような感じです。

タッチパネル内蔵かつキーボードがないPC(早い話がタブレットPC)では、デフォルトがタブレットモードです。普通のPCでも、タブレットモードに切り替えることができます。(使いたいかどうかは別にして)

タブレットモードに切り替えるには、このアイコンをクリックして、アクション センターを表示します。

Windows 10の通知アイコン クリックするとアクションセンターが起動します

アクション センターから、[タブレットモード]をクリックすると、タブレットモードに切り替わります。逆に、タブレットPCで[タブレット モード]をクリックすると、デスクトップモードに切り替わり、従来のWindows同様のデスクトップ画面が使えるようになります。

Windows 10のアクション センター

話をタブレットモードの画面に戻しますと、Windows 10のタブレットモードの画面は、Windows 8のスタート画面から若干かいりょうが加えられています。まず、左下に電源ボタンの他、[すべてのプログラムを表示]ボタンがついています。

Windows 10のすべてのアプリボタン

このボタンをクリックすると、Windows 10のスタートメニュー同様、左側にアプリケーションがずらりと並びます。使い勝手としては、デスクトップモードでスタートメニューから[すべてのプログラム]をクリックした時と同じ感じです。

Windows 10のタブレットモードですべてのアプリを表示する

また、画面左上には、[メニュー]ボタンが付いています。

Windows 10のメニューボタン

ここをクリックすると、最近使ったアプリケーションと、エクスプローラ、設定、電源、すべてのアプリが並んで表示されます。ちょうど、デスクトップモードでスタートボタンをクリックした時に表示されるスタートメニューと同じ項目が並びます。

Windows 10のタブレットモードのスタートメニュー

「だったらスタートボタンをクリックしたら、この画面になるようにした方がよかったんじゃない?」

という声が聞こえてきそうですが、スタートボタンは、アプリケーションを使用しているときにスタート画面に戻るためのボタンなので、そうは行かなかったのかもしれません。

Windows 10では、スタートメニューの項目以下、アイコンが従来のWindowsよりも大きくなっているため、仮にタブレットPCを使っていてもタブレットモードを使うかどうかは疑問が残りますが、画面サイズが小さいタブレットPCだと、便利かもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください