無料でスキルアップ、年収アップを目指す人のためのお役立ちサイトです。独立・開業・フリーランスを目指す方もぜひ

CentOS 7 のインストール方法

2014/10/13

Redhat Enterprise Linuxが7にバージョンアップしまして、その使い方が大きく変わりました。このため、そのクローンOSであるCentOSも、6.5以前とはがらりと使い勝手が変わりました。インストール画面も大幅に変わっていますので、ここでインストール方法を紹介したいと思います。

まずは、CentOS 7のDVD-ROMを入れて、PCを起動します。
(VMwareやHyper-Vなどを使っている場合、仮想CD/DVDドライブにisoファイルを指定し、仮想マシンを起動するでOK)

CentOS 7 DVD-ROMから起動直後の画面

ここで、Enterキーを押すと、CentOS 7のインストーラが起動します。ここで、そのままEnterキーを押すと、CentOS 7のインストールメディアのチェックをして、CentOS 7をインストールするのですが、インストールメディアのチェックは後から省略できます。

CentOS 7 インストーラ起動中

CentOS 7のインストーラを起動します。ここでインストールメディアのチェックが走った場合、Escキーでスキップできます。

CentOS 7 インストール時に使用する言語の選択

Cent OS 7のインストール時に使用する言語を選択します。「日本語」を選択して「続行」をクリックします。

CentOS 7 インストール前の設定画面

CentOS 7で大きく変わったのがここです。「インストールの概要」とありますが、ここでインストールオプションを色々選択していきます。ここで真面目に設定した方がいいのは、「ソフトウェアの選択」と「インストール先」です。

CentOS 7 インストールするソフトウェアの選択

「ソフトウェアの選択」をクリックすると、CentOS 7のインストールと同時にインストールするソフトウエアを選択できます。デフォルトは「最小限のインストール」なのですが、CentOS 6.5以前なら触ったことあるという人を含め、CentOS 7を初めて触る人にはおすすめできません。(「最小限のインストール」を選ぶとCentOS 6.5互換のコマンドが使えないため)

キューティー吉本のおすすめは、「『サーバー(GUI)使用』にしておいて、後からCUIで起動するように設定する」です。でもって、追加でインストールするソフトウェアがあれば、右ペインで選択します。設定が終わったら、「完了」をクリックします。

CentOS 7 ハードディスクの設定画面

「インストール先」をクリックすると、ハードディスクに関連する設定ができます。

まずは、「ローカルの標準ディスク」に、これからCentOS 7をインストールするディスクが表示されていることを確認してください。もしここにCentOS 7をインストールするディスクが表示されていない場合、CentOS 7がディスクを認識できていません。

また、「自動構成のパーティション構成」がデフォルトになっていまして、もし自分でパーティション構成を指定する場合は、「パーティション構成を行いたい」を選びます。ただし、これからLinuxを勉強する方、初めてCentOSを触る方、パーティションと言われても何の事だかよくわからない方は、「自動構成のパーティション構成」でいいでしょう。

設定が終わったら、「完了」をクリックします。

CentOS 7 インストールの概要画面

ここまでの設定ができたら、「インストールの開始」をクリックします。

CentOS 7 インストール中の画面 ここでrootパスワードを設定します

CentOS 7のインストールが始まります。ここで、rootのパスワードと、追加ユーザーを指定します。 このうち、絶対にやっておかないとまずいのが、rootのパスワードの設定です。

CentOS 7 rootパスワードの設定画面 ここで設定したパスワードは絶対に忘れないこと

「rootパスワード」をクリックすると、ユーザーアカウントroot、つまりLinuxのスーパーユーザーのパスワードを設定します。ここで設定したパスワードを、絶対に忘れないでください。もし忘れると、再インストールです。(WindowsのAdministratorと違って、Linuxのスーパーユーザーは複数作ることができないので、余計にたちが悪い)

rootのパスワードを設定したら、「完了」をクリックします。

CentOS 7 ユーザの作成画面

「ユーザーの作成」をクリックすると、root以外にユーザーを作ることができます。スーパーユーザーでないとできないことをする場合を除いて、ここで作成したユーザーでログインした方がいいでしょう。

CentOS 7 インストール中の画面 rootパスワード設定済み

コンピュータの性能や、インストールオプションにもよりますが、CentOS 7のインストールにはおおむね1時間ぐらいかかります。

CentOS 7 インストール終了 「再起動」をクリックします

CentOS 7のインストールが完了すると、この画面が表示されます。(正確にいうと、これでインストール完了ではない)

「再起動」をクリックして、インストールを続けます。

CentOS 7 インストール終了後、再起動したときの画面

CentOS 7を再起動後、ライセンス契約に同意するよう表示されます。「ライセンス契約」をクリックします。

CentOS 7 EULA ライセンス契約画面 ここで必ず同意すること

「ライセンス契約に同意します」をチェックして、「完了」をクリックします。

CentOS 7 GUIのログイン画面 ここでユーザアカウントを指定します

しばらくすると、CentOS 7のログイン画面が表示されます。これで、CentOS 7のインストールは終了です。

(この後、ユーザーごとの設定を行います。詳しくは、この記事をご覧ください。)

あわせて読みたい

CentOS 7 を起動したときのモードを変更する... CentOS(RedHat系のLinuxは大抵そうですが)をインストールする際に、GUI画面もインストールすると、デフォ...
CentOS 7 をシャットダウンする どんなOSを使っていても、意外とパニックになるのが 「シャットダウンする方法がわからない」 事実、マイクロソ...
CentOS 7のインストール方法 (注:CentOS 7のインストール方法は、この記事をご覧ください) CentOS 7のインストールが完了すると、...
Hyper-VにCentOS 7をインストールする CentOSも7になって、以前とだいぶ変わったらしいと聞いて、インストールしてみることにしました。64ビットのWindo...
Hyper-Vアップグレード後にCentOSがネットワークにつながらない... キューティー吉本の自宅サーバーを、Windows Server 2012から、Windows Server 2012 R...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください