無料でスキルアップ、年収アップを目指す人のためのお役立ちサイトです。独立・開業・フリーランスを目指す方もぜひ

WordPressで内部サーバーエラー500が出るときの対処法

2015/03/08

できれば遭遇しないに越したことはないのですが、100%ないとは言い切れないので。今まで元気に動いていたWordPressが、HTTPのステータスコード500で動かなくなるケースがあります。HTTPのステータスコード500というのは、内部サーバーエラー。なので、疑うとすればPHPが正常に動いていない、等々なのですが・・・

なんと、WordPressってデータベースが破損しても、HTTPのステータスコード500で動かなくなるんです。Webサーバーの設定をいじったわけでもなく、突如として動かなくなった場合は、まずデータベースから疑った方がいいでしょう。

対処方法はというと、データベースをバックアップから戻す、ということです。MySQLの場合は・・・

mysql>source バックアップファイル名;

で、バックアップから戻せます。ただし、データベースのバックアップを取っていなかったらお手上げ。BackWPup等を使って、定期的にバックアップを取っておきましょう。

あわせて読みたい

WordPressで画像が自動生成されない時の対処法... 先日、サーバの入れ替え作業を行っていまして、大いにドハマりしたのがこれでした。 WordPressのメディアに画像...
WordPressでプラグインを更新できない時の対処法... 「WordPressでプラグインの更新に失敗した。」 「WordPressで画像ファイルのアップロードに失敗した。」...
WordPressはPHPのバージョンにも注意しましょう... 先日、PHPのバージョンを、5.3から5.5に上げました。作業そのものは順調に終わったものの、なんと内部サーバーエラー5...
簡単とは行かなかった、WordPressの記事の別サイトへの移行... アイプラスのメインサイトを構築するにあたり、店長ブログのコンピュータ関連記事を移設することにしました。なぜ移設を決断した...
WordPress:Revive Old PostのPro版を購入してみた インストール方法もまとめ... この記事をご覧いただいている方には説明は要らないかもしれませんが、プラグイン Revive Old PostをWordP...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください