無料でスキルアップ、年収アップを目指す人のためのお役立ちサイトです。独立・開業・フリーランスを目指す方もぜひ

製品レビュー:楽天モバイル nanoSIM

2021/10/11

楽天モバイル nanoSIMとRakuten WiFi Pocket 2aが同じ箱で来ました

訳あって、楽天モバイルに入ることにしました。

なぜ楽天モバイルに入ったのかというと、前々からお値段が安いという話は聞いていまして・・・と同時に芳しくない評判も聞いていまして、本当のところどうなのよ・・・という契約したというわけです。

で、キューティー吉本が頼んだのが、SIMとWiFiルーターのセット。
具体的には、↓こちらです。

これだと、みんなで使うことができまして。しかも、使用量1GB未満なら無料・・・て、これっていざというときのお守り代わりに使うWiFiルーターにぴったりじゃん、というわけなんです。何せ、使わずに放置したら無料ですからね。(でも、たまには使わないと契約が打ち切られるんですけどね)

オーダーするときは、nanoSIMとRakuten WiFi Pocket 2Bを買い物かごに入れます。SIMとWiFiルーターは、同じ箱出来ました。(そりゃそうですよね)

楽天モバイル nanoSIMとRakuten WiFi Pocket 2aを箱から出したところ

で、箱から出してみました。左側の封筒みたいに見えるのがSIM、右の小さい箱がWiFiルーターです。

楽天モバイル nanoSIM SIMとスタートガイド

で、封筒・・・と言うか冊子上のケースの中に、SIMとスタートガイドが入っています。

楽天モバイル nanoSIM 同梱の冊子類

左側には、スタートガイドと冊子が入っています。

楽天モバイル nanoSIM 標準SIM microSIM nanoSIMのフリーサイズです

楽天モバイルをWebで契約するとき、選択肢はnanoSIMかeSIMのいずれかなんですね。ところが、Rakuten WiFi Pocket 2Bって、SIMのサイズがmicroSIMなんですね。

「あれ~、microSIMないじゃん!」

・・・と思ったら、

Rakuten WiFi Pocket 2Bは、nanoSIMを選んでください」

とのことでした。一体どういうことかというと、nanoSIMを選択するとフリーサイズのSIMが届きまして、標準SIM、microSIM、nanoSIMのいずれにも対応できるんです。つまり、どこで切り抜くかで大きさを変えられるんですね。間違えて切り抜かないように注意が必要です。

後ほど、このSIMをWiFiルーターにセットしたいと思います。

1 件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

当サイトおすすめ
プログラミングスクール RUNTEQ
旺文社 英検ネットドリル
産経オンライン英会話