無料でスキルアップ、年収アップを目指す人のためのお役立ちサイトです。独立・開業・フリーランスを目指す方もぜひ

フリーランスがPCを買った場合は経費扱いにできる?

2018/01/12

これはフリーランスや個人事業主に限った話ではないのですが、今どきPCがないことにはどうにも仕事にならないですよね。PCもさることながら、インターネットに接続するための回線や、eメールアドレスも事実上必須でしょう。また、主題からはちょっと外れますが、電話やFax、携帯電話も今や必須です。

当然ですが、事業目的で使用しているのであれば、基本的に経費にできます。例えば、電話やインターネット、eメールアドレスは「通信費」で、プリンターやFaxの用紙やインクは「消耗品費」です。

問題は、PC本体やディスプレイ、プリンターなどのハードウェアと、PCにインストールして使用するソフトウェアです。なぜかと言いますと、ハードウェアは有形固定資産、ソフトウェアは無形固定資産に該当するからです。これらはすべて、10万円を超えない場合は費用として計上します。勘定科目は「消耗品費」です。10万円以上の場合は原則として減価償却の対象となりまして、勘定科目はハードウェアは「備品」、ソフトウェアは「ソフトウェア」です。ただし、PCにプレインストールされているソフトウェアは、PC本体と一緒に計上しても問題ありません。

最近増えているのが、サーバやソフトウェアをクラウドで利用するケース。この場合の勘定科目は「通信費」でいいでしょう。また、独自ドメインを取得した場合や、デジタル証明書を取得した場合。これらは無形固定資産と呼べなくもないのですが、大抵は10万円未満なので、勘定科目「通信費」でいいでしょう。

ここだけの話ですが、フリーランスになってからは中古PCを買う、デスクトップPCを買うケースが増えたように思います。10万円を越さないPCであれば費用扱いですし、ハードディスクなどの消耗品を交換していけば永らく使えますからね。

なお、青色申告をしている場合は、30万円未満であれば一括して減価償却できる特例が適用できる場合があります。また、20万円未満の場合、一律で償却年数を3年にすることができます。30万円以上であれば、普通にしなければいけません。なので、青色申告をしている方は30万円まで、白色申告をしている方は20万円までのPCを買うことをお勧めします。

アイプラスでは、無料で日商簿記3級講座を実施しています。一度見に来ていただけたら嬉しく思います。

あわせて読みたい

個人事業主が知っておきたい単式簿記と複式簿記の違い... フリーランス、いわゆる個人事業主は、会社員と違って年末調整がありません。前年度の収入に基づいて、確定申告を行うの...
フリーランスのエンジニアの案件を紹介してくれるエージェント3選... フリーランスの欠点の一つに、営業や帳簿付け、法務など、会社員だったらやらなくてもいい業務を自分でやらないといけな...
フリーランスの経理を代行してくれるエージェント... 正社員の場合、所得税は源泉徴収という形で給与から天引きされ、源泉徴収額と実際の所得税額との差額は年末調整で調整し...
フリーランスが避けて通れない、所得税と確定申告の話... 正社員とフリーランスの違いの一つに、正社員は年末調整を行う代わりに確定申告が原則不要、フリーランスは年末調整がなく確定申...
どこまで認められる? フリーランスITエンジニアの経費... 旅するエンジニア、キューティー吉本です。会社員とフリーランスを比べた場合、会社員だと完全自腹なんだけど、フリーランスだと...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

月間アクセスランキング
みんなのリゾートアルバイト【はたらくどっとこむ】
資格試験のオンライン対策サイト【資格スクエア】
フリーター、既卒、第二新卒の求人なら【ハタラクティブ】
国内最大級の事業承継・M&Aプラットフォーム【TRANBI (トランビ)】
自分の市場価値を高める企業への就職をサポートするJobSpring