無料でスキルアップ、年収アップを目指す人のためのお役立ちサイトです。独立・開業・フリーランスを目指す方もぜひ

フリーランスが支払った税金の勘定科目はなに?

2018/01/10

税金を支払うのが国民の義務である以上、フリーランスも税金を支払わないといけません。会社員の場合、毎月の給料から源泉徴収という形で差し引きされ、毎年12月の給与で年末調整を行うのが一般的なため、基本的に確定申告を行う必要がありません。ところが、フリーランスは確定申告が必須で、確定申告の結果で所得税が決まる仕組みです。

では、ここで問題です。税金を表す勘定科目は何でしょう?

「租税公課!」

はい。正解です。ただし、個人事業主が支払った所得税や住民税は、勘定科目「租税公課」になるのかというと、答えはNoです。なぜかと言うと、「租税公課」は事業目的で支払った税金で、所得税や住民税は個人事業主が個人的に支払った税金なので「租税公課」には該当しないのです。

個人事業主が所得税や住民税を支払った場合、扱い上は生活費を支払った場合と同じ。なので、勘定科目は「事業主貸」です。これは、国民健康保険や国民年金も同じ。個人事業主の生活費扱いなので、「事業主貸」です。

では、「租税公課」に該当するのは具体的に何かというと、まずは領収書や契約書に張り付ける、収入印紙代。これは印紙税なので、「租税公課」です。その他、事業目的で使用する車にかかる自動車税や、事業目的で使用する土地・建物の固定資産税も「租税公課」に該当します。

アイプラスでは、無料で日商簿記3級講座を実施しています。一度見に来ていただけたら嬉しく思います。

あわせて読みたい

フリーランスのエンジニアの案件を紹介してくれるエージェント3選... フリーランスの欠点の一つに、営業や帳簿付け、法務など、会社員だったらやらなくてもいい業務を自分でやらないといけな...
フリーランスの経理を代行してくれるエージェント... 正社員の場合、所得税は源泉徴収という形で給与から天引きされ、源泉徴収額と実際の所得税額との差額は年末調整で調整し...
フリーランスが避けて通れない、所得税と確定申告の話... 正社員とフリーランスの違いの一つに、正社員は年末調整を行う代わりに確定申告が原則不要、フリーランスは年末調整がなく確定申...
どこまで認められる? フリーランスITエンジニアの経費... 旅するエンジニア、キューティー吉本です。会社員とフリーランスを比べた場合、会社員だと完全自腹なんだけど、フリーランスだと...
どこまで認められる? フリーランスの経費... フリーランスを含め、個人事業主の事業目的の支出は、基本的に経費として認められます。ただし、何でもかんでも経費として認めら...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

月間アクセスランキング
ITエンジニアのための転職エージェント【TechClipsエージェント】
全国49校普通自動車専門の合宿免許予約サイト【ユーアイ免許】
24時間安定稼働!初期費用無料の超高速VPS【ConoHa for Windows Server】
XIM APEX【国内正規品】 ゲーム用マウス&キーボードコンバーター
古いPCもまるで新品だった頃の軽さと速さに 【アバスト クリーンアップ プレミアム】